問診

耳が痛い!耳垂れをしてきた…。中耳炎になると痛みや膿の排出など、さまざまな症状に悩まされますよね。では、そもそも中耳炎の原因とは何なのでしょうか?

中耳炎の原因は、細菌やウイルスが耳に入り込んだり、鼓膜に穴が開くことなど、主に6つの原因があります。症状別にそれぞれの原因を確認していきましょう。

Sponsered Link

中耳炎ってどんな病気?

耳の構造

中耳炎という病気は、耳の奥の中耳と呼ばれる部分が炎症を起こしている状態です。中耳には耳管と呼ばれる管があり、鼻と繋がっています。そのため、鼻に侵入した細菌やウイルスが耳管を通って中耳に感染を起こすことがしばしばあります。

中耳炎の6つの原因へスキップ

中耳炎には主に5つの種類がある

中耳炎は、耳の中の中耳と呼ばれる部分が炎症を起こしているのですが、中耳炎には主に以下の5種類があります。

・急性中耳炎
・滲出性中耳炎
・慢性化膿性中耳炎(慢性中耳炎)
・真珠腫性中耳炎(慢性中耳炎)
・好酸球性中耳炎

「慢性化膿性中耳炎」と「真珠腫性中耳炎」は、合わせて「慢性中耳炎」とも呼ばれます。これら5つは、それぞれ症状や治療法が大きく異なります。

赤ちゃんや幼児は耳の構造上、大人よりも中耳炎になりやすいです。赤ちゃんや幼児は大人とは異なる注意点があるため、小児の中耳炎は以下の記事で確認しましょう。

小児の中耳炎についてはコチラ
赤ちゃんの中耳炎!8つのサインやミルク性中耳炎に要注意!

幼児がなりやすい中耳炎の種類と悪化・再発を防ぐ対策6選!

Sponsered Link

中耳炎ってどんな症状があるの?

中耳炎の種類別に、代表的な症状を確認しておきましょう。あなたの中耳炎がどの種類なのか、以下の症状を参考にしてみてください。

急性中耳炎の症状
・強い耳の痛み
・発熱(大人は発熱しないことが多い)
・聴力低下
・耳だれ

滲出性中耳炎の症状
・耳閉感(耳が詰まったような感じ)
・難聴
・耳鳴り

慢性化膿性中耳炎(慢性中耳炎)の症状
・耳だれ
・聴力低下

真珠腫性中耳炎(慢性中耳炎)の症状
・耳だれ(匂いが強い)
・聴力低下
・耳の痛み
・めまい

好酸球性中耳炎の症状
・耳だれ
・聴力低下

中耳炎の症状について詳しくはコチラ
中耳炎の6つの症状!大人の中耳炎の特徴は?

中耳炎の原因6つを種類別に!

中耳炎の原因は主に6つあり、種類によって異なります。種類別に一つ一つ見ていきましょう。

急性中耳炎の原因

原因①:細菌やウイルスが鼻から耳に入り込む

急性中耳炎の原因としては、ほとんどがこちらになります。空気中などに漂っている細菌やウイルスはたびたび鼻に入り込むのですが、鼻水などで外へ排出されます。

しかし、外へ出せなかった細菌やウイルスが耳管を通って耳に入り込んでしまうこともあります。耳の中耳に入り込んだ細菌やウイルスが感染を起こすことで急性中耳炎になります。そのため、鼻をすする癖のある人は中耳炎になりやすくなります。鼻かぜをひいている人は中耳炎になるリスクは高いと言えます。

滲出性中耳炎の原因

原因②:耳管の通りが悪くなる
原因③:急性中耳炎の治療が不十分

滲出性中耳炎は、副鼻腔炎や喉の癌などにより、耳管の通りがふさがってしまうことが原因です。また、急性中耳炎が完治せずに膿が溜まったままであることも原因になります。

滲出性中耳炎について詳しくはコチラ
滲出性中耳炎!7つの原因や治療法まとめ!

慢性化膿性中耳炎の原因

原因④:急性中耳炎がなかなか治らず鼓膜に穴が開く

慢性化膿性中耳炎の原因としては、急性中耳炎が長引くことが原因です。幼い頃の急性中耳炎の治療が不完全な場合などに起こります。

急性中耳炎の場合、耳の中に溜まった膿を出そうと自然に鼓膜が破れます。そして、膿を外に出し終えると鼓膜は自然に穴が閉じます。しかし、急性中耳炎が長引き、繰り返し炎症が起こると、破れた鼓膜の穴が閉じなくなってしまいます。

このように、鼓膜に穴が開いてしまった状態だと、開いた穴から細菌やウイルスが入り込んでしまい、慢性化膿性中耳炎が発症してしまうのです。

真珠腫性中耳炎の原因

原因⑤:炎症を繰り返すことで、細胞の塊が出来てしまう

真珠腫性中耳炎は、急性中耳炎を繰り返すことで引き起こされます。何度も炎症が起こると、耳の中の細胞が異常に増殖して塊になってしまいます。大きな耳垢を想像してもらえると分かりやすいでしょう。増殖して塊となったものは真珠腫と呼び、この真珠腫が耳の中を圧迫してしまうため、難聴などを引き起こしてしまうのです。

好中球性中耳炎の原因

原因⑥:気管支喘息により誘発される

好中球性中耳炎は最近浸透してきた中耳炎なので、詳しい病態は不明となっています。しかし、大人の気管支喘息にかかった人が好中球性中耳炎にかかることが多いようです。難聴や聾(ろう:全く音が聴こえなくなる)の割合が高いため、注意が必要な中耳炎です。

中耳炎の治療法は?

中耳炎の治療方法としては、主に以下の11個があります。これらをあなたの症状によって使い分けをしていきます。

①症状を和らげながら自然治癒を促す
②鼻の通りをよくする
③風邪やアレルギーを治す
④抗生剤を使用し、細菌を抑える
⑤解熱鎮痛薬を使用し、痛みや熱を下げる
⑥抗炎症薬を使用し、炎症を抑える
⑦鼓膜を切開し、膿を出す
⑧鼓膜に穴をあけ、チューブを入れる
⑨耳管通気療法により、耳管の通りをよくする
⑩手術を行う
⑪ステロイドを使用する

中耳炎の治し方についてはコチラ
中耳炎の治し方11選!5つの症状別に解説!

まとめ

中耳炎とは、中耳に炎症が起きている状態です。原因としては、細菌やウイルスが鼻から耳に入り込んでしまうことや、急性中耳炎を繰り返すことで鼓膜が破れてしまったり、細胞の塊が出来てしまうことが原因です。

病気の原因を知ることは、病気を予防することに繋がります。病気の予防法や解消法を知りたい場合は、まずは原因を理解することが近道にもなります。

おすすめ記事
自然治癒する中耳炎の種類と6つの注意事項!

滲出性中耳炎!7つの原因や治療法まとめ!

中耳炎の6つの症状!大人の中耳炎の特徴は?

赤ちゃんの中耳炎!8つのサインやミルク性中耳炎に要注意!

Sponsered Link