暑い日に子供が急に熱を出した。昨日までは元気だったのに。

そんな経験は子供を持つ親なら誰でもありますよね。いわゆる夏風邪、しかも子供の夏風邪は流行りがありますね。

実は、夏風邪と言われるものには3種類あり、ほとんどの子供の夏風邪がこのどれかに当てはまります。

woman

子供の夏風邪ってどんな症状がでるの?

doctor

今回は、子供の夏風邪の3つの症状と対処法について解説します。

おすすめ記事
子供の夏風邪!親が取るべき3つの対処!

Sponsered Link

子供の夏風邪!代表的な3つの症状!

子供の夏風邪は、ほとんどの場合、高温多湿を好むウイルスの感染により発症します。その代表的な3つの症状についてそれぞれ見ていきましょう。

①手足口病

手足口病は夏風邪の代表的な症状になります。
37度半ばの発熱と、手の平や足の裏、口の中に発疹や水泡ができるのが特徴です。

子供の場合は、特に痛みを伴うことは少ないですが、口の中にできた水泡が破けると痛みを伴う場合があります。

口内炎のようになり、食事や水が飲み込めなくなることもあります。

②プール熱(咽頭結膜炎)

38度以上の高熱が4日から1週間程度続きます。

このプール熱の特徴は、結膜炎と咽頭炎にあります。結膜炎による目ヤニや目のかゆみ、咽頭炎によるのどの痛みや腫れが主な症状です。

それに加え、発熱が持続しますのでかなりの体力と水分を消費することになります。咽頭炎によるのどの痛みで食事がとれない場合もあり、脱水症に至るケースもあります。

プール熱の症状を詳しく見る
子供のプール熱に要注意?!3つの症状と対処法!

Sponsered Link

③ヘルパンギーナ

39度以上の急な発熱が特徴です。
高熱とともに、喉に水泡をつくります。この水疱が破けると、口内炎のようになり、強い痛みを伴います。

喉の痛みがかなり強いので、唾を飲むこともつらいです。痰もよく出ますので、口の中の嫌悪感も強くなります。
熱は2,3日で解熱しますが、喉の痛みは1週間ほど続く場合があります。

ヘルパンギーナの症状を詳しく見る
子供のヘルパンギーナ!3つの症状と対処法!

子供が高熱に!知っておくべき対処法!

夏風邪の代表的な3つの症状について紹介しましたが、夏風邪のほとんどは高温多湿を好むウイルスが原因です。感染経路は、ほとんどが接触感染になります。

湿ったタオル・砂場・幼稚園のプールなど、湿った環境に潜むウイルスに感染して症状を発症します。
また、排泄後に手を洗わなかったり、くしゃみや咳によってウイルスが付着したものを口に運んでしまったりと、感染する方法は多岐に渡ります。

感染経路を詳しく見る
強い感染力を持つ夏風邪!4つの感染経路とは?

そして、いざ子供が熱を出したらてしまった場合には、すぐにやるべき対処法があります。

・病院を受診
・手洗いうがい
・飲める物・食べられる物を摂らせる
・とにかく安静に
・家庭内感染拡大の予防

これらが知っておくべき対処法のポイントになります。

まとめ

夏風邪は、高温多湿を好むウイルスが原因で発症します。

鼻水や咳といった、普通の風邪の症状ではない場合が多いです。夏風邪は、子供自身の免疫で治癒するのを対症療法で待つことが基本的な方法になるので、しっかりと対処法を知っておきましょう。

急な発熱などはとても不安になりますが、普段から手洗いうがいをして、予防に心がけることも重要ですね。

また、看病をしていた大人が感染してしまう場合もあります。大人が感染すると、非常に強い症状を発症するので注意しましょう。

おすすめ記事
大人の夏風邪でひどい高熱に!5つの対処法!

Sponsered Link