高熱

夏場に高熱を出して、ツライ経験をしたことはないですか?

大人の夏風邪は強い症状を発症しやすいので、高熱が長く続く場合も多いです。

一般的に夏風邪というと、子供がかかるプール熱・ヘルパンギーナ・手足口病のイメージがあると思いますが、実は大人も感染します。

woman

大人の夏風邪ってどう対処すればいいの?

doctor

今回は、大人が夏風邪で発症しやすい5つの症状とそれぞれの対処法について解説します。

おすすめ記事
大人のアデノウイルスは出勤停止?4つの感染経路と潜伏期間!

Sponsered Link

大人が夏風邪で高熱に!代表的な3つの夏風邪!

夏風邪として代表的なものには、プール熱・ヘルパンギーナ・手足口病があります。

まずはそれぞれの症状や特徴について見ていきましょう。

①プール熱

●発熱
大人の場合、38度から40度の高熱が約4日から7日間程度も持続するとされています。

●結膜炎
目ヤニや充血、目のかゆみなどが主な症状となります。

●咽頭炎
水分や食べ物を飲み込むのが苦痛になるほど、喉が炎症で腫れます。

大人のプール熱について見る
大人でもプール熱に?!出勤停止?3つの症状と注意事項!

②ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの症状は主に下記の3つです。
●39度を超える高熱
●口の中の水ぶくれや口内炎
●のど周辺の炎症

大人のヘルパンギーナについて見る
大人でもヘルパンギーナに感染?!3つの症状と対処法!

③手足口病

●39度以上の急な発熱
多くの方が40度以上の急な高熱を経験し、頭痛や悪寒などのつらい症状に苦しめられます。

●手と足、口の中の発疹
手足口病は、手と足、口の中の発疹が特徴的で、かゆみや痛みを伴います。

●下痢
下痢に関しては、子供が発症する場合よりも軽度なことが多いです。

大人の手足口病について見る
大人の手足口病は要注意!3つの症状とやるべき対処法!

Sponsered Link

大人の夏風邪!高熱以外の症状は?

大人の夏風邪として代表的なプール熱・ヘルパンギーナ・手足口病。どれも共通して高熱を発症することが分かったかと思います。高熱以外にも、共通して下記の4つを発症する場合が多くなります。

●喉の痛み
●鼻水
●咳
●下痢

大人が夏風邪に感染した場合、子供よりも強い症状を発症する場合が多いです。また、喉の痛みがひどくて食べ物が喉を通らない場合もあります。

夏風邪の症状について詳しく見る
つらい大人の夏風邪!5つの症状をくわしく解説!

大人の夏風邪!高熱やその他の症状に!5つの対処法!

夏風邪はウイルス感染によって引き起こされます。ウイルス感染に特効薬はないので、大人も子供も基本的には安静が第一です。

しっかり休んで体力を回復し、体の免疫が体内のウイルスを撃退してくれるのを待ちましょう。少しでも早く症状を和らげるために、5つの症状別に対処法を見ていきましょう。

①高熱

高熱

夏風邪による発熱は、体がウイルスと戦っていることにより発生する熱です。なので、基本的には解熱剤を使用せずに様子を見ましょう。

発熱による体のだるさを和らげるためには、体を冷やしてあげるのが効果的です。

体の体温を効率よく下げるには、脇・背中・股関節周辺を冷やしてあげると効果的です。いずれも大きな血管や血流が多いところになりますので、体温を下げるためには効果的です。

長い場合で、発熱が1週間以上続くこともありますが、それ以上発熱が続く場合は病院を受診しましょう。

②喉の痛み

喉が痛い

喉の腫れや痛みは、水や食べ物の飲み込みに関わり、とても苦痛が大きくなります。痛みがあまりにも強い場合は鎮痛剤を使用してもいいでしょう。

食事や水分は、刺激の少ないものを摂取しましょう。熱いもの、冷たすぎるものは刺激になって飲み込みづらくなるので、常温をおすすめします。

どうしても水分が取れない場合は早めに病院を受診しましょう。脱水症状になり、点滴が必要になる場合があります。

③鼻水

鼻水

鼻水は、体が異物を外に出そうとする反応です。基本的には鼻をかんで体外に出してしまうことがベストです。

しかし、あまりにも鼻水が多くてつらいという時には「ツボ押し」や「鼻うがい」という方法もあります。

鼻水の止め方を詳しく見る
風邪で鼻水が止まらない!効果的な止め方を5つ厳選!

④咳

咳

咳は、咽頭部に侵入したウイルスを体外へ出そうとする反応です。咳は基本的には止めずに、体外へ異物を出してあげましょう。

症状を緩和するには、うがいをこまめにすることで楽になります。喉の炎症では、痰が溜まって咳が続く場合があるので、痰を出しやすくする薬を服用することも対処法になります。

⑤下痢

下痢

大人の夏風邪は、下痢が出る場合があります。下痢は、腸内でウイルスが感染しているので、こちらも下痢が自然に収まるまでは待つことになります。整腸剤は使わないほうが良いです。

この時期は、消化に良いものを摂取することが重要です。腸を休めるようにしましょう。無理に食べる必要はないので、水分だけはしっかり取るようにしましょう。

下痢に効果的な食材について見る
下痢を治すのに効果的な食材5選!

まとめ

症状別に対処法は異なりますが、基本的には安静にして、苦痛を和らげるための対症療法で過ごしましょう。

抗生剤や鎮痛剤などの薬を使用する場合がありますが、症状が出たら病院を受診し、症状に応じた薬を処方してもらいましょう。

夏風邪かなと思ったら、早めに対策をすることが大切です。症状が出てきたと感じたら、今回ご紹介した5つの対処法を試してみてください。

おすすめ記事
大人でもヘルパンギーナに感染?!3つの症状と対処法!

大人でもプール熱に?!出勤停止?3つの症状と注意事項!

大人の手足口病は要注意!3つの症状とやるべき対処法!

つらい大人の夏風邪!5つの症状をくわしく解説!

Sponsered Link