何度も訪れる偏頭痛の苦痛、いい加減解放されたいですよね。

仕事や家事、集中したい時など、頭痛が原因で集中力を妨げられ非常に不快な思いをするという方も多いのではないでしょうか。

頭痛が出るたびに解消法を試して、一時的に症状が良くなってはまた出てくる、そして解消法を行って緩和する、その繰り返しに嫌気が差していませんか?

woman

はじめから偏頭痛を予防できたらいいのに!!!

doctor

そんなあなたのために、偏頭痛の予防に効果的な薬を厳選して10種類ご紹介します。

おすすめ記事
ストレスが原因?偏頭痛になる2つの原因と解消法5選!

Sponsered Link

偏頭痛の予防薬!市販薬は?

ご存じでない方も多いかもしれませんが、偏頭痛には予防薬が存在します。

ただし、市販薬の鎮痛剤では根本的な「治療」をすることはできません。

症状が軽い方なら市販薬でしのいでもいいかと思いますが、偏頭痛の予防薬について調べてこの記事を見ているあなたは、恐らく偏頭痛の症状が強くて困っているのではないでしょうか。

しっかりと偏頭痛を予防するためには、しっかりと病院で処方された予防薬を使うべきです。

偏頭痛予防に効果的な薬!厳選して10種類ご紹介!

市販薬ではなく、病院で処方される偏頭痛の予防薬にはどういった種類があるのでしょうか?

いくつかの薬はありますが、筆者が厳選した10種類の予防薬を、効果と副作用と併せてまとめてご紹介していきます。

①テラナス

カルシウム拮抗薬の一つで、偏頭痛の予防薬として広く使用される薬です。

効果・効能
脳の血管をやや拡張した状態で抑え、偏頭痛の原因となる三叉神経の刺激を予防する効果があります。

副作用
眠気や動悸が起こる場合があります。

②ワソラン

抗不整脈薬の一つで、こちらも偏頭痛の予防薬として広く使用されています。

効果・効能
脳の血管が拡張することで頭痛が引き起こされますが、ワソランは脳の血管が拡張するのを抑えてくれます。

副作用
脈が遅くなる徐脈や、便秘を伴う場合があります。

③インデラル

β遮断薬の一つです。

効果・効能
血圧を安定させる効果があります。交感神経に作用し、交感神経を抑えて痛みを予防することができます。

副作用
徐脈や血圧低下、眠気を伴う場合があります。
また、喘息を持っている方は喘息が悪化することがあるので使用しないようにしてください。

④メトプロロール

β遮断薬の一つです。

効果・効能
交感神経に作用し、交感神経を抑えて頭痛を予防する効果があります。喘息を起こしにくいので、喘息持ちの方でも使用することができます。

副作用
眠気や便秘を伴う場合があります。

Sponsered Link

⑤カンデサルタン

アンジオテンシン受容体拮抗薬の一つです。

効果・効能
脳の血管の拡張を抑え、偏頭痛を予防してくれます。一般的には、血圧降下剤として高血圧を持っている方に使用されています。

副作用
血圧低下、眠気を伴う場合があります。

⑥バルプロ酸

抗てんかん薬です。

効果・効能
脳の過敏性を正常化させ、気分を落ち着かせる効果があります。偏頭痛に対し、非常に有効で第1選択薬として使用されています。

副作用
非常に強い眠気や便秘、体重増加を伴う場合があります。

⑦トピラマート

AMPA受容体拮抗薬です。

効果・効能
脳の神経伝達物質を抑制し、脳の興奮を抑えて頭痛を予防してくれます。

副作用
手のしびれ、非常に強い眠気、体重増加を伴う場合があります。

⑧トリプタノール

抗うつ薬の一つです。

効果・効能
うつ症状が無くても、偏頭痛の予防薬として使用されることも多いです。体や脳、自律神経の緊張を抑えることで偏頭痛を予防します。

副作用
非常に強い眠気や口の渇きを伴う場合があります。

⑨パロキセチン

セロトニン再取り込み阻害薬の一つです。安全性が高く、広く使用されています。

効果・効能
その他の薬剤を多く使用したことによる薬剤性の偏頭痛が疑われるときに使用されます。うつやパニック障害を併発している場合にも使用されます。

副作用
胃腸障害や眠気を伴う場合があります。

⑩トレドミン

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の一つです。

効果・効能
パロキセチンと同様の効果があります。薬剤性の片頭痛が疑われる場合に使用されます。

副作用
胃腸障害や眠気を伴う場合があります。

まとめ

今回ご紹介した10種類の薬剤は、偏頭痛の予防として広く使用されているメジャーな薬です。用法容量を守れば安全に使用できるものなので、医師と相談し、つらい偏頭痛を予防しましょう。

血圧や不整脈に対するもの、また精神科領域で使用することもある薬剤もあるので、病院を受診し処方してもらいましょう。

また、副作用を疑う症状がみられたら、服用を中止して病院を受診しましょう。はじめて飲む薬はアレルギーを発症する可能性もあるので注意しましょう。

おすすめ記事
ストレスが原因?偏頭痛になる2つの原因と解消法5選!

有酸素運動の驚くべき効果とおすすめ4選!

Sponsered Link