多くの人は、普段の生活の中で頭痛を感じたことがあるかと思います。

もともと頭痛持ちの人もいれば、そうでない人もいます。頭痛持ち出ない人でも、風邪もひいていないのになぜか今日は頭痛がするといった症状を感じたことはあるのではないでしょうか。

頭痛には様々な種類がありますが、今回のテーマは「偏頭痛」です。

woman

偏頭痛持ちなので悩まされてます…

doctor

そんなあなたのために、偏頭痛の原因とおすすめの解消法について解説します。

おすすめ記事
くしゃみと鼻水が止まらない!即効性のある止め方TOP3!

Sponsered Link

偏頭痛の2つの原因とは?!

偏頭痛には主に2つの原因がありますが、どちらも「ストレス」が関係しています。

まずは、その2つの原因について見ていきましょう。

①脳の血管が拡張する

一つ目の原因は、「脳の血管が拡張する」ことにあります。

三叉神経と呼ばれる神経が、脳のあちこちに張り巡らされています。脳の血管が拡張することによって、周りの神経を刺激して頭痛を感じるのです。

脳の血管が拡張する原因には、気圧の変化や体温の上昇などがあります。

②筋肉が緊張する

二つ目の原因は、「筋肉が緊張する」ことにあります。

デスクワークの方は、首や肩のコリ、また目の疲れを自覚している方が多いと思いますが、そのほとんどの方が頭痛を感じていることかと思います。

首や肩の筋肉が緊張することで頭痛を引き起こします。また、目の筋肉の緊張によっても頭痛を引き起こすのです。

これら2つの原因は、ストレスによって増強される可能性があります。人はストレスを受けると、交感神経が活発になり体温を上げようとします。また、筋肉の緊張を高めるので、頭痛を助長する原因になりかねません。ストレスをよく感じる人は、頭痛を経験していることが多いと思います。

Sponsered Link

つらい偏頭痛を解消したい!5つの解消法とは?!

つらい頭痛は集中力を奪い、何事もやる気をなくしてしまいます。また、頭痛によるイライラで周りの方に迷惑をかけているかもしれません。

そんなあなたにおすすめしたい、偏頭痛に効果的な解消法を5つご紹介します。

①頭や首周りを冷やす

脳の血管が拡張して起こる偏頭痛は、脳の血管を冷やすことで緩和されることが多いです。

頭痛を感じたときにおでこや首周りを冷やすことで脳の血管を冷やし、拡張した血管を収縮させ頭痛を押さえることができます。

肩こりや目の疲れが原因の場合は逆に緊張を高め症状を悪化させますので注意してください。

②目や肩などの温める

目の疲れや肩こり、首周りの疲れがある場合は、筋肉が緊張して頭痛を引き起こしています。

筋肉の緊張を和らげるために保温をします。温めることで筋肉の緊張を和らげ、頭痛を和らげてくれます。

目にはホットアイマスクなど、首周りにはタオルをかけて軽くマッサージするなどの方法があります。

③ツボ押し

頭痛に効くツボを押すことで頭痛を和らげます。また、ツボ押し自体に血行促進作用がありますので筋肉の緊張も和らげてくれます。

・百会

百会

両耳を結んだ中心にある頭の頭頂部のツボになります。頭痛を和らげる効果があります。

・完骨

完骨

耳の後ろ、後頭部のちょうど生え際にある左右の骨の出っ張りにあります。偏頭痛のみならず様々な頭痛に効果的とされています。

おすすめ記事
くしゃみと鼻水に効く!即効性のあるツボ3選!

④腹式呼吸

頭痛の原因となる自律神経の乱れを整えてくれます。ストレスを受けると、自律神経が乱れることにつながります。

腹式呼吸はリラックス効果もあり、簡単にできるので是非お試しください。

⑤休息をとる

頭痛を感じたら安静に過ごすこと望ましいです。ストレスを受けた体、熱がこもった頭、筋肉が緊張した体を整えるには休息をとることが必要です。

しかし、仕事中や途中で休めない状況にある場合は、5分程度でも小休憩をはさみましょう。自分の好きな飲み物を飲んで目を閉じたり、何も考えずぼーっとするなどなんでもいいです。頭痛を感じたら少し休みましょう。

まとめ

頭痛は、日頃の体調やストレスなどに影響する場合が多いので、根本的に解消するのは難しいです。偏頭痛持ちの方は分かると思いますが、前兆が来た時の絶望感はすさまじいですよね。

頭痛を感じたとき、少しでも症状を和らげるために自分に合った解消法を実践してみましょう。

Sponsered Link