しゃっくり

「ヒック…!」

静かな場所や緊張感がただようシチュエーションでのしゃっくりは非常に恥ずかしいですよね。

しゃっくり中枢に何らかの刺激が与えられることで、しゃっくりを起こす指令が出されると考えられています。
しゃっくりが起こる神経ルートを逆から刺激することでしゃっくりを止める効果が期待できます。

今回は、しっかりとした根拠のあるしゃっくりを止める方法と、しゃっくりの原因について詳しく解説していきます。

Sponsered Link

しゃっくりとは?

横隔膜

肺の下には、横隔膜と呼ばれる膜状の筋肉があります。
このアーチ状の横隔膜は、呼吸をするうえで非常に重要な役割を担っています。

そして、何らかの原因で横隔膜がけいれん状態に陥ったあと、閉じた声帯に吐く息が通過することで「ヒック」と音がでます
これをしゃっくりとよびます。

しゃっくりの種類

しゃっくりは正式には吃逆きつぎゃくといわれ、持続時間により以下の3つの分類されます。

  1. 吃逆発作(48時間以内)
  2. 持続性吃逆(48時間以上)
  3. 難治性吃逆(1ヶ月以上)

しゃっくりを引き起こす一連のメカニズムについては、詳しく解明されていませんが、神経系の要因があると考えられています。

しゃっくりを止める方法11選!

延髄えんずいのしゃっくり中枢に何らかの刺激が与えられることで、しゃっくりを起こす指令が出されると考えられています。しゃっくりの原因に関しては後述)

しゃっくりが止まるメカニズムの詳細は明らかにされていませんが、しゃっくりが起こる神経ルートを逆から刺激することでしゃっくりを止める効果が期待できます。

そういった刺激の方法を厳選して11個紹介するので、あなたに合う方法を試してみてください。

①舌をつまんで引っ張る

舌

素手だと唾液で滑ってしまうので、ガーゼや他の布製のものを使って舌をつまみ上げるといいでしょう。
あまり弱いと効力がないので、ちょっと痛いかなという程度で30秒~60秒程度が目安です。

舌の根本の舌咽神経ぜついしんけいを刺激することで、間接的に横隔膜のけいれんを止める効果が望めます。

②息を吸って限界まで止める

以下の手順で行いましょう。

  1. 息をゆっくりとたくさん吸い込む
  2. 息を一気に止める(20~30秒が目安)
  3. 限界がきたら肺にある空気をすべて出し切るようにゆっくりと吐きだす
  4. 普通に息をする

血液は、酸素や二酸化炭素を運ぶ役目を果たしています。
息を止めて血液中の二酸化酸素の濃度を上昇させ、神経に刺激を与えることでしゃっくりを止める効果が望めます。

③耳押し法

耳をふさぐ

耳の穴に指を1本入れ、30秒~60秒程度そのまま圧迫する方法です。
耳の中には迷走神経が通っているため、神経が直接刺激されることでしゃっくりを止める効果が望めます。

中耳炎や耳の外部や内部に傷などがある場合は避けましょう。
また、そのまま息む行動も禁物です。

④冷たい飲み物を一気飲み

冷たい水や炭酸水など一気に飲むことで、温度による刺激や炭酸特有の刺激が舌咽神経ぜついしんけいに伝わり、しゃっくりを止める効果が望めます。

一気飲みは呼吸も一時的に止めることになるので、血液中の二酸化炭素濃度の変動にも少なからず影響があるということです。

⑤コップの奥側から水を飲む

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Bd5lr1Aj97I?rel=0]

ニューヨーク大学耳鼻咽喉科医であるErich Voigt先生が、上記の動画後半でこの方法を解説しています。

コップを持って中の水を飲むときは、通常は口に近い手前側に口をつけながら飲みます。
この方法では、手前ではなく向かい側に口をつけて飲みます。
首を前側に倒すような姿勢で上あごで水を受ける意識で飲むと、水をダラダラこぼさずに飲むことができます。

喉の奥の舌咽神経を刺激し、延髄に作用する効果が望めます。

⑥甘いものを一気に飲み込む

はちみつ

しゃっくりの発症原因の根本は未だはっきりしていないことが多いのですが、しゃっくりを止めるのに役立つとして専門科の方も推薦している方法です。

スプーンで砂糖やはちみつを一気に飲み込むことで、しゃっくりを起こしている神経に刺激が伝わり、効果が望めるとされています。

⑦ツバを飲む

飲みこみづらいですが、下を向いた体勢でツバをためてゴクンと一気に飲み込みましょう。
深くお辞儀をするイメージです。

そうすることで、舌咽神経に刺激が伝わり、しゃっくりを止める効果が期待できるのです。

⑧綿棒で軟口蓋をこする

軟口蓋

前方の硬い部分を硬口蓋こうこうがい、その後方の柔らかい部分を軟口蓋なんこうがいといいます。

軟口蓋(のどちんこがつながっている喉の奥上側)を綿棒で少し刺激し、咽頭反射いんとうはんしゃを起こすことによって、横隔膜に刺激を与えることができます。

⑨驚かせる

しゃっくりが出ていると、自然に誰かが驚かしに来るという光景も珍しくありませんね。
昔から言い伝えによって伝授されてきたものですが、実はきちんとした根拠があります。

驚くと、瞬間的に空気を吸い上げるような呼吸になり、一時的に呼吸が止まります。
つまり、血液中の二酸化炭素濃度が変動することで、しゃっくりを止める効果が望めるということです。

⑩自分で押せるしゃっくりを止めるツボ

神経やリンパにつながるツボを刺激することで、しゃっくりにも効果があるとされています。

天突

天突

出典:健康マトリックス|胸のツボ【天突(てんとつ)】

左右の鎖骨の真ん中あたりにあるくぼみ付近が天突てんとつです。
人差し指を当てて、体の奥へ向かって3秒押して3秒待つを2セット行うのがポイントです。

巨闕

巨闕

出典:健康マトリックス|お腹のツボ【巨闕(こけつ)】

みぞおちから下に向かって指2本の位置が巨闕こけつです。
ツボ周辺を、手の平で時計回りにやさしくさすりましょう。

内関

内関

出典:健康マトリックス|腕のツボ【内関(ないかん)】

内側の手首のシワから、ひじの方へ指幅3本分移動した所が内関ないかんです。

親指で6~8秒押し、それを7セット繰り返しましょう。
強く押し過ぎずにやさしく押すことがポイントです。

太谿

太谿

出典:健康マトリックス|足のツボ【太谿(たいけい)】

内側のくるぶしのすぐ後ろにあり、脈を感じる位置が太谿たいけいです。
ボールなどの上に足をおいてコロコロ転がすとツボにあたりやすくなります。

関連記事
【図解】しゃっくりを止めるのに効果的なツボ6選!

Sponsered Link

⑪バルサルバ法

バルサルバ法

バルサルバ法とは、筋トレの呼吸に関するテクニックの一つです。

  1. 意識的に喉をとじながら息を止める
  2. その状態で喉に力を入れるように息む

顔も赤くなり、頚部の血管なども浮き上がるでしょう。

腹腔内の圧力が上がり、迷走神経が刺激されることでしゃっくりを止める効果が期待できます。

しゃっくりの原因は?きっかけとなる刺激物はこれ!

今回紹介したしゃっくりを止める11個の方法は、延髄につながる末梢神経の刺激や、血液中の二酸化炭素を増やす効果を考えて行われています。

では、延髄としゃっくりはどう関係しているのでしょうか?

人間の脳には、延髄えんずいと呼ばれる部分があります。
延髄からは迷走神経が下り、頚部けいぶ、胸部、腹部に分布し、末端は舌咽神経ぜついしんけいなどの細かい神経に分かれていきます。

この延髄のしゃっくり中枢に何らかの刺激が与えられることで、しゃっくりを起こす指令が出されると考えられています。

そういった状況を作る刺激物として、具体例を7つあげます。


  1. 早食い
  2. 大食い
  3. 香辛料の多い食事
  4. アルコール
  5. たばこ
  6. 冷たい外気
  7. ストレス

しゃっくりは、日常生活の何気ない刺激が神経を伝わって脳の中枢に到達することで起きるということです。

しゃっくりが止まらない場合は病気の可能性も?!

一時的なしゃっくりならば問題はありませんが、頻回に出現したり、どんな方法をとっても48時間以上持続する場合には、大きな病気が背景にあるかもしれません。

横隔膜や肝臓、食道、肺などの腫瘍、脳疾患、心臓疾患など、さまざまな病気が考えられます。
放置せずに一度は医師の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

しゃっくりの原因や止める方法について紹介しました。

  1. 舌をつまんで引っ張る
  2. 息を吸って限界まで止める
  3. 耳押し法
  4. 冷たい飲み物を一気飲み
  5. コップの奥側から水を飲む
  6. 甘いものを一気に飲み込む
  7. ツバを飲む
  8. 綿棒で軟口蓋をこする
  9. 驚かせる
  10. 自分で押せるしゃっくりを止めるツボ
  11. バルサルバ法

身近にできる簡単な方法を知っておくと、いざという時にすぐ適応できます。
いろんな方法を試してみて、自分に合った方法を見つけておきましょう。

なお、持続するしゃっくりは病気が背景にあることもあるので、医療機関での正しい診断を受けることが大切です。

おすすめ記事
新生児のしゃっくりの止め方!原因と効果的な解消法3選!

しゃっくりの治し方!原因と効果的な治し方7選!

【図解】しゃっくりを止めるのに効果的なツボ6選!

Sponsered Link