暑い夏、子供が急に熱を出した!
子供の夏風邪、熱が長引いたり症状が強くて、看病する親御さんも大変苦労した経験があるかと思います。

子供の代表的な夏風邪には3種類あります。
プール熱、手足口病、そしてヘルパンギーナです。

woman

一日でも早く治してあげたい…

doctor

そこで、今回はヘルパンギーナの3つの症状と、3つの対処法について解説します。

おすすめ記事
子供が夏風邪に!代表的な3つの症状!

Sponsered Link

ヘルパンギーナの3つの症状とは?

子供が感染しやすいヘルパンギーナ、代表的な3つの症状があります。

・38度を超える発熱
・口の中の水ぶくれや口内炎
・のど周辺の炎症

ヘルパンギーナを発症したほぼすべての子供にこの3つの症状が出ます。これらの症状は、4日から1週間程度と症状が続く期間が長いです。

熱の苦しさもさることながら、ヘルパンギーナ独特の喉の炎症や口の中の水ぶくれ、口内炎は飲み食いに非常に影響しますので、子供の苦痛はとても大きいものになります。

おすすめ記事
ヘルパンギーナは出席停止?感染期間と3つの感染経路!

Sponsered Link

ヘルパンギーナを発症したらすべき3つの対処法とは?!

ヘルパンギーナは、原因になるウイルスに感染することで発症します。ウイルス感染に特効薬はないので、体の免疫機能がウイルスを撃退するまで安静にするというのが基本的な治療法になります。

なので、ヘルパンギーナに対する対処法は、苦痛を和らげるための対症療法をしていくことになります。

それでは、子供がヘルパンギーナを発症したらどのように対処したらよいのか。ヘルパンギーナを発症した時にすべき3つの対処法について見ていきましょう。

①しっかりと安静にする

前述したように、ウイルス感染は基本的に免疫がウイルスを撃退するのを待ちます。なので、免疫力を維持・回復させるためにも、しっかり休息をとって安静にする必要があります。

この時ばかりは、食事や入浴、昼寝の時間などは気にせずに子供のペースに合わせて対応してあげてください。

②食べれる・飲める物をその時に

ヘルパンギーナを発症すると、喉や口の中の痛みがとてもつらいです。

そのため、食べられる物、飲める物が限られてきます。ヨーグルトやゼリー、プリン、湯冷ましや経口補水液など、刺激の弱いもので子供が食べられる物を、子供が求めるときにあげてください。

※注意点

飲み物に関しては、脱水予防のために積極的に促していくべきですが、食べ物に関しては無理をして与える必要はありません。

腸の消化運動によって体力を消耗していきます。消化運動を続けることで体力を使うので、食べられる分で結構です。

消化運動も、体が弱っているときは重労働になってしまうのです。

おすすめ記事
大人でもヘルパンギーナに?!症状と対処法!

③二次感染予防

子供のペースに合わせて育児をしていく事は、とてつもなく大変なことですよね。子供のつらさを目の前で見ているのもつらいですし、夜もなかなか寝付けず、親御さんも大変疲労が溜まっていく事だと思います。

そこで、二次感染にはしっかりと注意を払う必要があります。共倒れになっては本末転倒ですからね。

二次感染の感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染と接触感染が主になります。ヘルパンギーナは、非常に感染力が強いです。

子供の口の中をチェックするときには、マスクをして飛沫感染を防ぎましょう。

また、子供が使用したコップや食器は、希釈したハイターにつけて消毒するか、市販のものだと、ミルトンを使用するといいでしょう。

子供と触れ合った後は、こまめに手洗い・うがいをして二次感染を予防しましょう。

まとめ

子供の夏風邪は非常に症状が強いので、子供も、子供を看病する大人もとても大変です。しっかりと安静にすることをベースに対処していきましょう。

症状が悪化する場合や、1週間たっても症状が改善しない場合は病院を受診しましょう。
あなた自身の健康管理もお忘れなく、子供と一緒に乗り切りましょう。

おすすめ記事
子供が夏風邪で咳が止まらない!3つの対処法!

ヘルパンギーナの初期症状!3つの対処法で悪化を防ぐ!

Sponsered Link