暑い日に屋内や屋外で作業やレジャーをしていた時、ちょっと気分が悪い、頭が痛くなったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

頭痛がつらくて頭痛薬を飲んだり解熱鎮痛剤を飲んでもあまり効かなかった経験はないですか?

実は、もしその頭痛が熱中症からくる頭痛なら、頭痛薬などの解熱鎮痛剤を使うことでさらに頭痛がひどくなったり、そのほかの熱中症の症状が悪化する可能性があります。

woman

どうやって治すのがいいの??

doctor

熱中症による頭痛に対する対処法はたくさん紹介されていますが、実は対処法はただ一つのみです。詳しく解説していきますね。

Sponsered Link

熱中症による頭痛のメカニズム

熱中症にはさまざまな症状があります。
軽い熱中症だとだるさや吐き気、めまい、足がつるなどの症状が起こります。

中等度の熱中症になると少し意識がもうろうとして頭痛が出てきます。
重症になると意識がなくなったり、命に関わることもあります。

さて、今回のテーマである「熱中症でなぜ頭痛は起こるのか?」についてですが…
それはズバリ!脱水症が原因です!

高温多湿などの環境にいると、大量に汗を放出し、体が体温を下げようとします。すると体内の水分が少なくなり、血液をうまく脳まで循環することができなくなるのです。
すると、脳は異常を感じて、頭痛という形で知らせてくれるわけです。

※熱中症の頭痛に解熱鎮痛剤は危険!

熱中症の禁止事項

熱中症であるかどうかに関わらず、頭痛はとてもつらいですよね。一刻も早く頭痛を止めたいのにどうして鎮痛剤を使っちゃいけないの?と思うのが本音だと思います。

普通の片頭痛であれば大いに使用してもらって結構ですが、熱中症による頭痛の場合は症状を重症化させる恐れがあります。

なぜ解熱鎮痛剤は危険なの?

前述したように、熱中症の頭痛は脱水症が原因で起こります。

体に水分が少なく循環が悪くなっている状態に、鎮痛剤による解熱効果(血管が広がり血圧が下がる現象)でさらに循環を悪くしてしまうのです。その結果、さらに頭痛をひどくしたり、重症になると失神や意識を失ってしまう可能性もあるのです。

doctor

熱中症の頭痛に解熱鎮痛剤は大変危険ですので注意してください。

普通の片頭痛の場合は、心拍に合わせてズキズキ・ガンガンというような痛みがあることが多く、熱中症の頭痛の場合はズーンと締め付けられるような痛みであることが多いです。

痛みの種類は分かりづらいので、暑いところにいた後に出た頭痛は、まず熱中症を疑いましょう。

おすすめ記事
熱中症を疑ったらすぐにすべき4つの応急処置!

Sponsered Link

熱中症の頭痛に対する唯一の対象法とは?

解熱鎮痛剤を使わずにどのように頭痛を解消すればよいか、についてお答えします。

残念ながら、すぐに症状を改善する方法はありません。なぜなら、頭痛が出てる段階では熱中症・脱水症が進行している恐れがあるからです。

熱中症の頭痛への唯一の対処法は、「水分補給」のみです。体の水分をすぐに補ってください。

体への吸収を高めるために、スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含んでいるものを飲みましょう。がぶ飲みすると、体は尿として排泄しようとするので、口に含める程度の量を少しずつこまめに取りましょう。

おすすめ記事
熱中症対策!適切な水分補給の「3W1H」とは?

そして涼しい場所で安静に体温を下げる努力をしてください。
頭痛は数日続くかもしれませんが、早く回復します。

まとめ

熱中症の頭痛に対する、即効性のある対処法はありません。解熱鎮痛剤は症状を悪化させることがあるので、熱中症の時には使わないことをおすすめします。

頭痛は痛いし集中力を欠き、行動意欲も薄れていきますよね。そうならないためにまずは、しっかりと熱中症対策をして頭痛を出現させないことが大切ですね。

Sponsered Link