二日酔い

春夏秋冬、どの季節もお酒を飲む季節はありますよね。
ついついハメを外して飲みすぎてしまうこと、心当たりありませんか?

次の日はつらい二日酔いで、前日にたくさんお酒を飲んだことを後悔する方も多いのではないでしょうか。

woman

二日酔いの事を考えながらお酒飲むの嫌です…

doctor

そんなあなたに朗報です!今回は、即効性のある二日酔いの治し方TOP5をご紹介します!

おすすめ記事
優秀な偏頭痛の予防薬10選!副作用と効果まとめ!

Sponsered Link

そもそも二日酔いの原因とは?

二日酔いの原因には様々なものがあり、原因によって二日酔いの症状が異なります。

まずは、それぞれの原因と症状について見ていきましょう。

アデノシン
アルコールに含まれる成分で、大量に摂取すると頭痛を引き起こします。

アセトアルデヒド
アルコールの代謝に伴う副産物で、頭痛やだるさ、吐気を引き起こします。大量にアルコールを摂取すると、副産物も多くなり、二日酔いの症状がひどくなるというわけです。

メタノール
こちらもアルコールに含まれる成分です。大量に摂取すると、頭痛や吐き気、筋肉痛を引き起こします。

脱水症
アルコールを大量に摂取すると体は脱水症になります。アルコールは水分として吸収されず、尿として排泄されるため、体内の水分が少ない状況が引き起こされます。頭痛、だるさ、吐気、食欲不振や下痢を伴います。

低血糖
アルコールは肝臓で代謝されますが、肝臓の代謝による副作用として、低血糖を引き起こします。頭痛、だるさ、吐気、筋肉痛を引き起こします。

胃酸分泌
アルコールを大量に摂取すると、胃酸の分泌が過剰になり、胃を荒らしてしまうもとになります。吐き気や食欲不振、下痢などの症状を発症します。

酸素不足
アルコールを大量に摂取すると、体内の酸素が不足した状態になります。体が酸素不足になると、頭痛やだるさを感じることがあります。

二日酔いには様々な原因があります。それぞれの原因に応じて適切に対処し、早く解消することが大切になります。

Sponsered Link

即効性のある二日酔いの治し方TOP5!

二日酔いの治し方はたくさんありますが、筆者の実践上、効果が高いと感じたものをTOP5でご紹介します。

どんな症状に効くかは各方法で違いがありますので、症状別に選択して実施してみてください。

第5位:水分を摂る

水

二日酔いは非常に喉が渇きますよね。それは脱水症のサインになります。水分を摂ることで、頭痛やだるさ、吐気などを改善してくれます。

スポーツドリンクや温かいお味噌汁もおすすめです。お味噌汁は、アルコールの大量摂取により失った栄養素を補うこともできます。

第4位:しょうが汁と重曹水

しょうが汁や重曹水は、二日酔いの激しい吐き気を抑えてくれます。

水200ml程度の水やお湯に、小さじ1,2杯程度のしょうがや重曹を溶かして飲みましょう。胃の酸化を中和して、吐き気を止めてくれます。

第3位:フルーツを食べる

フルーツ

フルーツは、アルコールの代謝で消失したビタミンやミネラルを補ってくれます。頭痛やだるさ、筋肉痛を改善してくれます。

フルーツであれば、二日酔いでも食べやすいのではないでしょうか。

第2位:シャワーを浴びる

体はだるいですが、鞭を打ってシャワーを浴びると驚くほどすっきりします。

これは、シャワーによって全身の血管が温められて血行が促進するというものです。だるさや吐き気などが改善します。

第1位:シジミ汁を飲む

しじみ汁

水分摂取と似ていますが目的が違います。
お味噌汁には、コリン・塩分・タンパク質といった肝臓の働きを大いに助ける成分が含まれています。また、シジミに含まれるオルニチンは、アセトアルデヒドの解毒作用や肝臓を保護する機能を持ちます。

また、水分なので水分補給にもなります。だるさ、吐気、筋肉痛、頭痛といった様々な症状を改善します。

まとめ

二日酔いはつらいですよね。二日酔いのことを気にしながらお酒を飲むのも嫌ですよね。

二日酔いの原因や、自分に合った治し方を把握しておけば、もう二日酔いも怖くありません。
もちろん、お酒を飲みすぎないように過ごすのも大切ですね。

Sponsered Link