痛風

激痛でつらい痛風…
痛風になってしまった場合は、主に以下の3つの治し方があります。


  1. 食事療法
  2. 薬物療法
  3. 運動療法

尿酸値が高いだけであれば、食事療法で改善できる場合もありますが、痛風発作が起こっている場合は、薬の使用は必須です。

食事での改善方法や、薬の種類など、痛風の治し方について見ていきましょう。

Sponsered Link

痛風って自然に治るの?

痛風は、血液中の尿酸値が高いことにより引き起こされます。
痛風発作が起きていない高尿酸血症の時は、食事や生活習慣に気を付けていれば尿酸値が下がることがあります。
しかし、血液検査をしないと尿酸値の変化には気づけません。
なので、健康診断で尿酸値が高いと指摘された人は、痛風を引き起こす前に病院へ通院しましょう。

食事だけでは尿酸値が下がらない人は、体質に問題があるかもしれません。
その場合は、薬の使用などが必要になります。

高尿酸血症も、痛風も、病院で受診せず生活習慣も変えないままでは、自然に治ることはないと心得ましょう。

痛風は3段階で悪化していく!
痛風の8つの前触れ症状!関節のピリピリは危険信号!

痛風の治し方①-食事療法-

では、痛風の治し方として、食事療法からまずは見ていきましょう。
痛風発作を起こしていない方は、食事療法がメインとなります。

カロリーの低い食事をする

痛風を発症している人の6割が肥満であると言われています。
内臓脂肪は尿酸の生成を促してしまうので、肥満の予防や改善のためにも、食事のカロリーは抑えましょう。

プリン体の少ない食事をする

痛風は、食べ物に含まれるプリン体が原因の1つです。
そのため、1食分あたりでプリン体を多く含む食品は避けるべきです。
レバー、ささみ、カツオ、サンマなど、肉や魚類にはプリン体が多く含まれています。

プリン体の多い食べ物についてはコチラ
100g中のプリン体は重要ではない!?痛風に悪い食べ物10選!

Sponsered Link

痛風に良い食べ物

痛風の予防・改善のために、プリン体や高カロリーの食べ物は避けるべきです。
痛風の時におすすめの食べ物は以下になります。

①お米、パン、うどん
お米、パン、うどんなどは、プリン体が少ない食材です。
ただし、食べ過ぎるとカロリーオーバーになるので注意しましょう。
②かまぼこ
魚類はプリン体が高いですが、かまぼこなどの加工品はプリン体が少ないのでおすすめです。
③海藻類
昆布、ひじき、わかめなどの海藻類は、プリン体もカロリーも低いため、積極的にとりましょう。
また、尿酸値を下げてくれる効果もあります。
④芋類
じゃがいもサツマイモは、プリン体が少なく、尿酸値も下げてくれます。
また、腹持ちも良く、食べ過ぎ防止にもなるのでおすすめです。
⑤アメリカンチェリー
アメリカンチェリーも尿酸値を下げる効果があるといわれています。
ただし、食べ過ぎは果糖を多く摂取することになるので注意してください。

上記の食品を食事に取り入れることで、尿酸値を下げる効果が期待できます。
意識して取り入れていきましょう。

水分をたくさんとる

水分をたくさんとることで、血液の中の尿酸値を薄めてくれます。
逆に、脱水ぎみになると尿酸の濃度が高くなり、痛風発作が起きやすくなります。
喉が乾いていなくても、こまめに水分を摂取することが推奨されます。

お酒の量を減らす

アルコールを分解すると尿酸が生成されます。
そのため、お酒を飲むことで尿酸値が上がり、痛風発作を引き起こす可能性があります。

また、お酒を飲むと血流が良くなります。
血流が良くなることで、痛風による痛みが増強されます。
痛風発作が起こっている時はお酒は控えましょう。

お酒は1杯飲むと、さらに続けて飲みたくなりますよね。
量を減らすことが難しいということであれば、思い切って禁酒してみましょう。

痛風の治し方②-薬物療法-

痛風発作を起こしたことのある方は、薬を使う必要があります。
ただし、薬を使っているからといって、食事を自由に出来るわけではありません。

鎮痛薬

痛風発作時には痛み止めを使用します。
ただし、バファリンAなどのアスピリン配合の鎮痛薬は、痛風の痛みを悪化させるため使用してはいけません。

市販の痛み止めとしては、ロキソニンSやイブA錠のシリーズがおすすめです。

痛風の痛み止めについてはコチラ
痛風の痛み止め!おすすめ市販薬5選と4つの緩和方法!

コルヒチン

痛風発作を抑えるための薬です。
白血球の働きを抑えることで、痛風発作を抑制することが出来ます。

副作用として、腹痛、下痢、嘔吐などの消化器症状があるため、量には注意が必要です。
必ず処方された分を飲みましょう。

尿酸降下薬

血液中の尿酸値を下げる薬で、尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬の2種類があります。

尿酸産生抑制薬
体内で尿酸が産生されるのを抑制します。
尿酸排泄促進薬
尿酸の排泄を促進します。

「尿酸をたくさん作ってしまうタイプ」の痛風には、尿酸産生抑制薬を使用します。
「尿酸を排泄しにくくなっているタイプ」の痛風には、尿酸排泄促進薬を使用します。

いずれにしても、急激な尿酸値の低下は痛風発作を誘発するため、少量から投与します。
発疹、肝障害、胃腸障害などの副作用がでる可能性もあります。

痛風発作を起こしたことがある人は、尿酸降下薬の内服で尿酸値6mg/dl以下を目指します。
尿酸値を1,2年良好にコントロール出来ていると、痛風発作の原因である関節に溜まった尿酸塩結節は溶けていくと言われています。

痛風の治し方③-運動療法-

痛風患者の60%は肥満であると言われており、肥満の解消が痛風の治療にも繋がります。
そのため、適度な有酸素運動が有効と言われています。

ただし、激しい運動は尿酸値を上昇させてしまうので注意しましょう。

水泳やウォーキングなどの有酸素運動を20分以上続けると、脂肪の燃焼率が高くなります。
1日20~30分程度の有酸素運動を長期間続けることが大切です。

おすすめ記事
有酸素運動で得られる5つの効果とおすすめトレーニング4選!

まとめ

痛風の治し方は、食事療法、薬物療法、運動療法が中心になります。
プリン体の少ない食事をとったり、お酒の量を減らしたりと、制限がつきまといますが、激痛の発作を起こさないためにも、毎日意識しましょう。

ストレスでも痛風は悪化するため、日々の生活からストレスを減らすことも大切です。
治療に関してもストレスがかかると思いますが、家族や友達の手助けも借り、痛風と向き合いましょう。

おすすめ記事
100g中のプリン体は重要ではない!?痛風に悪い食べ物10選!

痛風の8つの前触れ症状!関節のピリピリは危険信号!

痛風の痛み止め!おすすめ市販薬5選と4つの緩和方法!

Sponsered Link