まぶたの痙攣

まぶたがピクピクと痙攣するのは不快な症状ですよね。あなたのまぶたの痙攣は片方ですか?両目ですか?口元もピクピクしてはいませんか?

まぶたの痙攣には、単なる疲労やストレスが溜まって起こるものもあれば、脳に病気が隠れている可能性もあります。

片目がピクピクするのか、両目ともに症状があるのか、また眼が開け辛くなっていないかなど、症状や特徴は病気の判別のヒントです。

woman

まぶたの痙攣が止まらないときはどうすればいいの…?

doctor

眼の疲労を改善することで治まる場合や、病院で治療が必要な場合もあります。それぞれについて詳しく解説しますね。

おすすめ記事
まぶたが腫れて痛い!6つの症状と対処法をわかりやすく解説!

Sponsered Link

まぶたの痙攣に隠された病気や特徴的な症状とは?

まぶたに起こるピクピクした痙攣を引き起こす病気には、眼瞼ミオキミア・眼瞼痙攣・片側顔面痙攣の3つが主に考えられます。

片目に短期的な痙攣がある場合は、疲労やストレスが原因である眼瞼ミオキミアの可能性が高いです。しかし、その他の重要な病気の可能性もあるので、それぞれの特徴的な症状をおさえておきましょう。

眼瞼ミオキミア

眼や体が疲れている時にまぶたがピクピクと痙攣するのが眼瞼ミオキミアです。まぶたが痙攣しますが、心配するような病気ではありません。

症状
・まぶたがピクピクと痙攣する
・痙攣の時間は短時間(1分程度)
・出現と消失を繰り返す(30分間隔など)
・片側の眼に起こることが多い
・下まぶたに起こることが多い
・上下のまぶたが同時に起こることもある

特徴
眼瞼ミオキミアは、まぶたの痙攣以外に症状がないことが特徴です。

眼瞼痙攣

決定的な原因はまだ解明されていませんが、脳や眼に障害がある可能性があります。

症状
・下まぶたの痙攣から始まることが多い
・上まぶたが垂れ下がってくる
・必ずしもピクピクと痙攣があるわけではない
・初期はドライアイの症状に似ている
・口元が痙攣する
・まばたきが増える
・目がゴロゴロする
・眼が乾燥してショボショボする
・テレビやパソコン、スマートフォンの画面がまぶしい
・両目に症状が現れることが多い
・頭痛
・眼が開けにくくなる

特徴
このように、眼瞼痙攣はまぶたの痙攣以外にも眼の違和感や頭痛など、症状が多岐にわたる特徴があります。また、不安が強い、抑うつなど精神的な症状を持つ人に発症しやすいといわれています。

症状が進むと、眼が開けられなくなり目が見えなくなる可能性があります。

片側顔面痙攣(顔面スパスム)

動脈硬化や腫瘍(がん)が原因の場合があります。片目の痙攣が長く続いている場合は注意が必要です。

症状
・まぶたに痙攣が生じる
・こめかみ、頬、口角、顎など痙攣する範囲が広がる
・進行すると痙攣が長時間にわたる
・ほとんどが片側に起こる
・顔を動かしている時に起こりやすい

特徴
片側顔面痙攣は女性に多い傾向があります。痙攣がまぶたから片側の顔面全体に広がってくるようであれば、片側顔面痙攣を疑いましょう。

それぞれの原因について詳しく見る
まぶたの痙攣の原因は?3つの病気とそれぞれの原因!

Sponsered Link

まぶたの痙攣が止まらないときの治療法は?

まぶたの痙攣以外にも症状が現れてきたら注意が必要ですね。あなたの症状に当てはまるものはありましたか?

それぞれの病気によって治療法も異なるので、詳しく見ていきましょう。

眼瞼ミオキミア

眼瞼ミオキミアの場合は、疲労やストレスが原因であるため、疲労を溜めないための工夫、疲労解消、ストレス発散などが重要になります。

眼瞼ミオキミアの治療法を3つご紹介します。

1.眼や全身の疲労を解消する

眼や全身の疲労を予防・解消するためには、
・ビタミン配合の目薬を使用する
・目に42℃のシャワーをあてる
・ストレッチをして血行を促進する
など様々な方法があります。

眼や全身の疲労解消法を詳しく見る
まぶたの痙攣が片方だけ!原因と解消法11選をジャンル別に!

2.ストレスを解消させる

ストレスに対処することをストレスコーピングといいます。ストレスのもととなる問題を解決するのか、感情をコントロールするのか、ストレスの対処法は多岐にわたります。

効果的なストレス解消法について見る
まぶたの痙攣はストレスが原因?!お勧め解消法9選!

3.薬物療法

表情を作ったりまぶたを閉じる役割をになう『顔面神経』が興奮することで、まぶたが痙攣します。そのため、顔面神経の興奮を抑える薬を処方される場合もあります。

眼瞼痙攣

原因が解明されていないため治療法は確立されていませんが、症状を抑えるために以下のような治療法を実施する場合があります。

1.薬物療法

薬を内服することによって症状の改善を期待します。抗コリン薬、向精神薬、抗パーキンソン薬などを使用します。症状が比較的軽い場合が適応となります。

2.ボツリヌス療法

痙攣しているまぶたにボツリヌス毒素を注射します。口からボツリヌス毒素を摂取するわけではないため、中毒症状は起こりません。

3.外科的治療

眼の周りの筋肉の一部を手術で取り除きます。重症の場合に適応されます。

片側顔面痙攣

片側顔面痙攣の場合も、眼瞼痙攣と同じく薬物療法・ボツリヌス療法・外科的治療が主となりますが、内容は異なります。

1.薬物療法

緊張が痙攣の引き金になっている場合があるため、抗不安薬や鎮静薬を内服します。

2.ボツリヌス療法

こちらもボツリヌス毒素を注射することで治療します。効果が切れると再発するので、3か月~半年ごとに注射を打つ必要があります。

3.外科的治療

顔面神経を血管が圧迫して痙攣が起きている場合があります。そのため後頭部に4cmほど皮膚を切開し、顔面神経を圧迫している血管を取り除く手術を行います。治療効果は8割以上期待できます。

まぶたの痙攣が止まらない!こんな病気の可能性も!?

それぞれの病気によって原因が異なるため、解消法もそれぞれ違いましたね。しかし、まぶたの痙攣がいつまで経っても止まらない場合は、他にも下記の病気が隠れている可能性もあります。

・ドライアイや白内障など眼の病気の可能性あり
・ピクピクと痙攣している部分が広がっていく場合は脳に腫瘍がある可能性あり
・下まぶたの痙攣とともに頭痛がある場合は脳梗塞の前触れの可能性あり

気になる症状がある場合は、1人で判断せずに眼科や脳神経外科を受診しましょう。

まとめ

疲労回復やストレス解消によって自然に治ると思っていたまぶたの痙攣。実は手術や注射が必要な病気にかかっている可能性もあります。

まぶたの痙攣や他の症状がいつから生じているのか、どんな時に強くなるのかなど、自分の症状を把握することは重要です。病院へ受診した時も病気の判断材料となることがあります。

そのため、いつもと体調が違うな…調子が悪いかも…と感じることがあれば手帳やカレンダーに症状を書き込んでおくとよいでしょう。

おすすめ記事
まぶたの痙攣の原因は?3つの病気とそれぞれの原因や特徴!

まぶたの痙攣はストレスが原因?!お勧め解消法9選!

まぶたの痙攣が片方だけ!原因と解消法11選をジャンル別に!

Sponsered Link