有酸素運動には、ウォーキング、ジョギング、水泳、縄跳び、サイクリングなどいろいろな種類がありますが、お手軽に始めれるものとしては、ウォーキングやジョギングなどですね。

有酸素運動では、ゆっくりとエネルギーを燃やし、糖質や脂肪を燃焼させ、ダイエット効果も期待できます。

lady-worry

有酸素運動って言葉はよく聞くけど、どれがいいのかよくわからない…

lady-good

そんなあなたのために、有酸素運動のさまざま効果やおすすめのトレーニングについて解説していきます。

おすすめ記事
有酸素運動は夏バテ解消にも効果的?!

Sponsered Link

有酸素運動で得られる5つの効果

有酸素運動とは、脂肪や糖質を、酸素によってエネルギーに変換していく規則的な繰り返しの事をいいます。

それでは、有酸素運動で得られる5つの効果について見ていきましょう。

①体脂肪減少でダイエット効果

血液中の糖分と、呼吸で得た酸素の結合でエネルギーが作られるので、有酸素運動をする事で体脂肪をどんどん減らす事ができ、ダイエット効果が期待できます。

その際、心拍数もコントロールするとよいでしょう。また、ストレッチなどの運動も一緒にすることでさらに効果が高くなります。

②生活習慣病やがんなどの予防

有酸素運動をすることで、身体の中の悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変えてくれる為、生活習慣病やがんなどの予防にも役立ちます。

③脳の活性化

有酸素運動は、脳を鍛えるのに有効です。
酸素を多く脳へ送り出すことにより血流が良くなり、記憶力や判断力の力を養います。

脳の神経細胞や血管の形成に役立つので、体温上昇が促され脳が活性化します。

④骨粗鬆症の予防

有酸素運動は、骨粗鬆症の予防に繋がります。
歩くことで、太陽を浴び、皮膚からビタミンDが作られ、カルシウムの吸収が促されるのです。

それとともに、筋肉と反射神経も鍛えられ、転倒予防にもなります。

⑤病的疲労を軽減

腎不全などにおいて、尿毒素の排出をし、血行不良の解消にもなり、病的疲労には効果が高い運動療法となります。

セロトニンが増加することで、免疫力が高まり、汗や尿などの排出の増加とともに、多くの細菌を身体の外へ出してくれます。

Sponsered Link

⑥ストレスに効果が絶大

ストレスを感じたときに出るストレス物質は、放置しておくと海馬や扁桃核へダメージを与えてしまい、記憶力・集中力を低下させます。

ウォーキングなどの有酸素運動をすることで、ストレス物質を発散させる事ができます。さらに、ドーバミンやセロトニンという快楽ホルモンが分泌され、前向きな気持ちになれます。うつ病にも効果的です。

お手軽な有酸素運動4選!

有酸素運動が効果的なのはわかったけど、何から始めればいいのかわからないというあなたへ。

簡単に始められる有酸素運動を5つご紹介します。

①1日30分のウォーキング

家の周りのお散歩から少しずつ始めてみましょう。最初はゆっくりと、だんだん意識して歩幅を広げて歩いていく事で、歩数も歩けるようになります。20分以上歩くと、脂肪の燃焼率が高くなります。

通勤、通学途中などの場合には、歩くことを意識し、駅までの距離、職場までの距離は、バスなどを使わずに歩くといいでしょう。

毎日の習慣にしていくことで、無理なく有酸素運動を取り入れる事ができます。

②短時間で効果あり!階段の昇降

日常生活の中では、エレベーター、エスカレーターを使わずに階段を意識して使うようにするといいでしょう。

階段の昇降は、短い時間でも効果的な運動となるので、習慣として取り入れましょう。

③ランニング

無理のない走り方でランニングをしてみましょう。走りながら話すことができる程度の速さで、最初は10分程から、徐々に距離を伸ばしていくのがおすすめです。

継続していく事でダイエット効果にもなります。

④サイクリング

サイクリングはエネルギーを消費しやすいので、運動効果が得られます。

買い物や駅までの道のりは自転車を使うようにするなど、日常の生活の中に取れ入れましょう。

まとめ

有酸素運動で得られる効果は、たくさんあります。

①ダイエット効果
②生活習慣病から守る
③脳の活性化
④骨粗鬆症の予防、
⑤病的疲労からの改善

などの効果が得られます。
日頃の生活の中で出来る事から一つずつ取り入れて、習慣として継続して続けていく事が健康な身体作りには大切ですね。
歩くことから始めて、健康で元気な身体づくりを目指しましょう!

おすすめ記事
今話題のバターコーヒー!驚きのダイエット効果や作り方!

Sponsered Link